幼稚園受験はいつから準備したら良いか

教育熱心な親御さんは、お子さんに早期教育を受けさせたいと考えるケースが多いでしょう。乳幼児期に良質な幼児教育を受けることによって、将来の学力や年収が良くなるので、遅くとも6歳までには質の高い教育を受けさせるべきであるという研究もあることから、子供への教育はより早い年齢から始めたいと願うご両親が増えています。良い教育は、良い教育施設で受けられるというのは常識としてみんな持っている認識ですが、そういった教育施設に入るには多くの場合受験をしないと入れないものです。日本では大多数の人が一番初めに経験する受験は高校受験ですが、一番早い年齢で受験することができる受験は、幼稚園受験です。幼稚園は通常3年保育が主流で、満3歳児から入園となります。では、その幼稚園を受験しようとすると、いつから準備が必要になるのでしょうか。

幼稚園受験をするメリットはどういうものか

まず、幼稚園を受験することのメリットを考えてみましょう。幼稚園受験の一番のメリットは、全ての受験の中で子供にとっての難易度が低い点でしょう。年齢が上がれば、それに伴って学習内容が複雑になっていきますから、当然受験で問われる能力も高いものが求められるのです。しかし幼稚園に入る前のお子さんに対しては、難解なペーパーテストが解ける必要はありませんから、幼稚園受験用の教室で対策をすれば良いということになります。そして、小さい年齢であるほど素直に親の言うことを聞くものです。この時期に幼稚園受験で必要となる日常生活で基本的な行儀などを身に着け、見事に合格できれば、大学までエスカレーター式の幼稚園であればほぼ大学までの進路が約束されたようなものです。もちろんその都度受験があるところもありますが、外部受験をするより易しい場合がほとんどですから、多大なるメリットがあると言えるでしょう。小学校以降の学校が併設されていない幼稚園だとしても、小学校受験をするのに有利な教育をしてくれる幼稚園を受験しておけば、やはりその後の進路に良い影響があることは間違いありません。

では、いつから準備を始めと良いか

幼稚園の受験は、子供の行動を観察したり身体能力を問うものであったり、その園によって求めるものに違いはありますが、基本的にはきちんと挨拶ができるか、お片付けができるかという最低限のマナーが身についているかが見られます。園はお子さんに対してより、むしろ親のことを見ます。お子さんのしつけ方、良識はあるのか、また教育方針がその園と合っているかなどを把握しようとします。幼稚園受験は親の受験だと言われるのはこういった点です。さて、このように親の姿勢が大事で、子供に問われるのは基本的な行動様式であるということが分かると、いつから準備を始めるのが良いのかという答えも自ずと出てくるのではないでしょうか。親の考え、子供のしつけは、一朝一夕で身に付くことではありませんね。つまり、お子さんが生まれたらすぐこれらのことを意識して生活する必要があるということです。受験のための教室は、早ければ乳児期から開始している教室もありますが、子どもさんの様子を見て個別に判断すると良いでしょう。入園希望の園の情報を集めた上で、もし親御さんが不安なら早い時期から通うのも良いでしょう。

小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 幼稚園受験のことなら当サイトをチェック